ALPSCHOOL

all for students

就活is楽しい!?~新3回生の皆さんへ~

こんにちは!

あと数日で21歳の誕生日を迎えるのですが、来てほしいような、来てほしくないような葛藤が心の中で行われている井口です。

年齢を聞かれて「ハタチです!」というのと「21です!」というのと少し印象が違うじゃないですか?
やっぱり、ハタチというと若いね!と言われることが多かったのですが、21ではせいぜい「あ~~(笑)」みたいな。絶対そうなるじゃないですか。

と、まぁかなりの偏見かもしれませんが。(笑)

そう考えてしまうのも、私の大学内での少し変わった”あるルール”があるからなんです。

私の通う大学の社会学部の女子の間では、1回生、2回生、3回生、4回生と呼び名が付けられています。
それも、社会学部だけ。

まず1回生は、「社ガール」
2回生は、「社レディ」
続きまして3回生、「社マダム」

次、聞くの怖くないですか?
マダムの先なんてあるの?と。

それがあるんです。

4回生。

『 社ババア 』

。。。

聞いたときはびっくりしました。
ですが、聞いたときはまだ、「社ガール」のころ。
社マダム、社ババアなんて呼ばれるのまだまだじゃーん!と思っていました。

時が経つのは早いもんで、今年「社マダム」です。
すぐに「社ババア」なんて呼ばれる時は来るのです。

そう思うと、”呼び名勝ち”するような中身を伴わないといけないな、、、と思う社マダムでした。

さて、そんな社マダムの代、いわゆる新3回生はそろそろ素敵な社会人になるための準備期間に入ります!

6月には、サマーインターンシップの情報が解禁され、一気に就活モード。
それから、エントリーシートの内容を豊富にするために自己分析をしたり、業界研究をしたりなど。。。

そんな時活用していただきたいのが、ここALPSCHOOLで行われているイベントです!

私も、ちょくちょく参加させて頂いてるのですが、社会人の方とお話しできる機会はなかなかないので新鮮で、色々相談も乗って頂いたりと、とても楽しく充実した時間を過ごすことができます!

最近では、イベントに参加したり、訪れたりすることで、私はだんだん就職活動に対して不安よりも、楽しみの方が出てきました(笑)

就職活動は様々な人と沢山関わることが出来る機会。
自分を成長させることができるかもしれない!と意気込んでいます(笑)

また、実際人事をしている方が来られるので、どういったところを見ているのかなども詳しく聞けたりもします^^
ある時は、気になる企業さまからインターンのお話を頂けることも!!

ALPSCHOOLに来られていた先輩のお話では、ここで人事さまとお話し、慣れることによって就活の面接などの時に物怖じせずにお話することが出来たり、自信を持つことが出来るとのこと。

新3回生の皆さん、是非私達と一緒に楽しみながら就活してみませんか?^^

アットホームな雰囲気で、いつでもお待ちしております^^(笑)

広報部 井口