ALPSCHOOL

all for students

企業インタビュー 株式会社晃商様

京都に本社を構え、エンターテインメント、飲食、レジャー、など幅広く事業を手がける株式会社晃商。その株式会社晃商様の採用活動の最前線に立つ、人材開発課の辻さんからお話を伺う中で、晃商として、また人事として、大事にしている価値観が見えてきました。

井戸上
よろしくお願いします。まずは自己紹介をお願いします。
辻さん
株式会社晃商 人材開発課の辻優奈です。入社4年目になります。
新卒採用担当として採用を行っており、その後の新入社員研修や新入社員との定期的な面談など、採用から入社後のフォローまで行っています。
井戸上
辻さんはどのような理由で人事になられたのでしょうか?
辻さん
まずそもそもの話ですが、正直、まったく社会人になりたくなかったんです。
私自身、根は人見知りで自信もやりたいこともなく、社会人に対してもしんどそうなイメージしかなくて将来なんて微塵も描いていなかったので、学生時代は本当フラフラする日々で…その時代は黒歴史で、履歴書に書けるようなことは何もしていませんでした。
でも、生きていく為にそろそろ社会人にならなアカンな~、と思って周りより遅い就活を始めた時はとにかく「楽しく働ける会社」をイメージして探していました。そこで出会ったのが不動産会社で、その会社で人事職に就きましたね。そして、同じ年に辞めました。笑
大きな理由としては、経営者と方向性が違ったこと、そして仕事が“楽”だったことです。仕事で一度も怒られることはなかったですし休み等の福利厚生は十分にあったのですが、働き方が指示された業務をこなすトップダウンスタイルだったので、枠内で仕事をしている内に「これって私じゃなくて誰でも良いんじゃないかな。」と思ったことがキッカケでした。
そして出会ったのが晃商。募集していたのが、中途半端に終わった採用担当だったことに惹かれたのもありますが、面接官だった現上司の森と専務の人柄に惹かれました。しかし入社後は毎日怒られ、泣きながら会社に通う日々。毎日ただただ逃げたかったです。笑
しかし、向き合ってくれているからこその厳しさ、あたたかさをとても感じていて、その上「俺の真似をするんじゃなくて、辻にしか伝えられない事を自分の言葉で伝えて欲しい」という個性を大切にしてくれる会社だったので、この人たちと一緒に良い会社にしていきたいなって思ったんです。今は人事として誇りを持って仕事していますが、この会社であればフィールドは人事じゃなくてもいい訳です。
それに、前は人前で恥ずかしくてカラオケも歌えないような感じで、人事なんか「向いてない」と思っていましたが、自分がそう在りたいと望み諦めず努力すれば、人より時間はかかってもなれるんだってことも教えてもらいました。向いてないって言っちゃうと可能性はそこで終わっちゃいますもんね。
井戸上
人と話す事が苦手だったという過去は人事の方には珍しい印象を受けますが、辻さんが人事としてどのようなことを大切にされているのでしょうか?
辻さん
学生と向き合うことです。
これは晃商が人に対して大切にしているスタンスであり、私自身も大切にしていることなのですが、
「人事と就活生」ではなく「辻と○○さん」のように、個人として向き合うことを心がけています。今となれば仕事が楽しい!と思える私ですが、当時は「社会人になりたくない」とまで思っていた私だからこそ伝えられる事があり、学生一人一人悩みも違うので、その人にとって一番良い方向に進めるよう向き合うことを心掛けています。例えその答えが晃商じゃなくてもです。
井戸上
人事としてビーウェルのイベントにも多数参加していただいている辻さんですが、ビーウェルと出会ったきっかけを教えてください。
辻さん
人事採用責任者の森がよく仕事をしているお取引先企業の方とビーウェルの取締役である白根さんが繋がっており、その方の紹介で出会いました。白根さんとは「学生に世間体ではない就活をしてほしい」という思いが一緒だったこともあり、今でも深く交流をさせていただいております。
ビーウェルの良さは学生も社員もワクワクしていて、学校では学べないことを教えてくれる所ですね。
井戸上
イベント参加率の高い辻さんですが、ビーウェルのどのようなイベントが印象に残っていますか?
辻さん
学生交流会です。
学生の方と人事の方がざっくばらんにお酒を飲みながら話す機会ってあまりないですよね。
学生からすると、面接をしたり採用や不採用を出す人事には「気に入られないといけない」「良い印象を与えないといけない」と鎧を着たように構えてしまいがちだったり、スーツや同じ髪型などで個性が無くなりがちですが、それらを取っ払い、会社、学歴などの色眼鏡なく「人」として話せる場なので、個人的にはかなり好きです。ついでにお酒も好きなので!
そんな場を通して「こんな人事いるんだ!」、「こんな社会人いるんだ!」と思ってもらえたら良いなと思っています。

井戸上
学生の成長を一番に考える辻さんですが、採用において学生のどこを見られているのでしょうか?
辻さん
人柄、人間性ですね。
井戸上
スキルや賢さではないのでしょうか?
辻さん
正直そこはほとんど気にしません。人間性は教えることができませんが、スキルやテクニックは教えていってあげられるものですし、想いがあれば後から付いてくるものだと思っています。
だから私たちはどんなに仕事が出来る人でもその人に「人」がついてこないような人なら採用しないです。人に対して誠実であり、人間的に魅力ある仲間を集めたいと思っています。
ちなみに、晃商の1次選考はその人自身と向き合うことを意識して、書類選考無、履歴書不要、私服OKとなっています。選考中の学生にも面談を行ったりして、その人と何度も会います。人と向き合うことに、時間も手間も惜しみません。
井戸上
かなり「人」という部分にフォーカスを当てているように感じますが、そのような価値観を形成した要因には、株式会社晃商があると思います。辻さんが思う株式会社晃商の良さはどこでしょうか?
辻さん
1つ目は人の良さ。2つ目は現場が主体だということです。
1つ目に関しては「人間第一主義」を掲げ、お客様・従業員・お取引先の業者様に優先順位をつけず、晃商に関わる全ての人を大切にするという想いを持った会社であり
私自身、こうして働いていても人のあたたかさを感じます。例えば、経営陣である専務が他府県で行う内定者や新入社員の合宿研修の会場まで自分で車を運転してみんなに会いに来てくださったり、役職関わらず社員やアルバイトの意見に耳を傾けてくださったり、相談があれば時間をつくってくださる人なんです。「人を採用するということは、その人やその人の家族の人生を預かること」とおっしゃっていて、だからこそこんなに社員と向き合ってくれるんだろうなぁと常々感じます。
2つ目は「現場第一主義」を掲げ、お客様と関わりお客様のことを一番理解している現場の社員達が大きな決裁権を持ち、それぞれの地域のお客様に合ったサービスを考えてカタチにし提供できる点です。私は採用担当ですが、現場にすごく魅力を感じます。
井戸上
魅力的な社風が浸透していますが、晃商に入社する学生は、どのような思いを持って入ってくるのでしょうか?
辻さん
この人たちと働きたい!と思って選んでくれる学生が多いです。
ですので、晃商を選んでくれた学生ももともとは違う業界を見ていた、ということが多く
晃商は同業とバッティングすることが少ない会社です。
私が思うに、仕事を選ぶ際は「何をするか派」と「誰とするか派」で分かれるのかなぁと思いますが、晃商は間違いなく後者です。そこが会社の大切にしている所なので。
井戸上
辻さんはどのような将来のビジョンを持っておられますか?
辻さん
私は晃商が好きなので、ずっと晃商で働きたいと思っています。
社会人の楽しさを教えてくれたこの会社へ何らかの形で貢献したいです。そこで、働くかっこいい女性のサポートのためのプロジェクトを作りたいと思っています。
というのも、女性は結婚すると退職という流れが多いですが、出産後会社に戻って初の女性店長を目指したいという声も社内で上がっているので、そのような働くお母さんが頑張れる環境を作りたいです。
井戸上
最後に就職活動をしている学生へメッセージをお願いします。
辻さん
まず、就活に対して少しでもワクワクしたものを持って頂ければ嬉しいです。
内定が出なかったらどうしよう、、、などの不安は当然あると思います。
しかし、内定をゴールとするのではなく、これから先何十年も続く社会人人生「何を大切にしていきたいのか」「その会社を通してどんな人になっていきたいか」を考えて自分の軸に沿った就活が出来れば
自分の大切にしていきたい価値観と会社の大切にしている価値観をマッチングさせる就活になり、「就職の為の就活」ではなく「人生を豊かにする為の就活」として少しワクワク出来るのではないかと私たちは思っております。
もし、悩みなどございましたら、是非私たちを利用してください。
株式会社晃商
〒604-0077
京都府京都市中京区丸太町通堀川東入丸太町18番地創業1974年、資本金3,000万、売り上げ846億円(2016年6期グループ計)
主にエンターテインメント事業「スーパードーム」 ほか、飲食事業「焼肉の名門 天壇」
温浴/レジャー事業「伊賀の湯、名張の湯、ゆの蔵」、次世代事業「名張シティファーム」を展開しており、
従業員数は330名、そこにアルバイトを含めると1451名にもなる。