ALPSCHOOL

all for students

大学生活を意義あるものにしたい人へ

▽初めに
皆さん、こんにちは。
現在大学4回生のみきです。

さて、突然ですがこのタイトル通り大学生活を意義あるものにするためにどうすればいいか。ということについて私なりの意見を述べようと思います。
特に充実した大学生活を送るぞと意気込んでいる大学1回生のアドバイスになれば、、!と思っています。

▽話の流れ
1.自己紹介
2.何をしてきたか
3.充実した大学生活を送るために必要なもの

▽自己紹介
大学:同志社大学法学部政治学科4回生
大学の目標:400万円 (学費) 以上の学び
サークル:アイセック
好きなこと:英会話 (高校生の時に留学していました!)

▽何をしてきたのか
自己紹介でも簡単に触れたように私の大学の目標は400万円以上の学びでした。

私が大学生活でしてきたことをタイムライン的に表すとこんな感じです。



学部生として最も力を入れていたことはゼミ、課外活動ではアイセックです。
どの活動も期限を設定して最後までしっかりやり抜いて、いろんなことを学びました。振り返ってやってよかったなあと思います。

▽充実した大学生活を送るために必要なもの
上述した通り私は本当に様々なことに手掛けていました。いろんなことをやってみて、大事だと思ったことは次の4点です。

1.とりあえず気になったらやってみる。
2.なんでも相談できる友人を作る
3.キラキラした人の輪に身を置く
4.あなただからこそ任せたい!と言われるような存在である

1点目は、何かをやってみたいと思ってもなかなか行動に移せなかったり、何をしたらいいのか分からない…!なんて人が多いのではないかと思います。
だけど1番大事なことは、気になったらとりあえず取り込んでみる!
少しでも興味のあることを発信すれば周りの人も自分に適した機会を教えてくれますよ。見つけたらとりあえず応募してみてください。

2点目は何でも相談できる友人を作ること。
何かを成し遂げることは大変労力のいることです。しんどい時支えてくれる友人がいなければ、途中で挫折してしまっていたかもしれません。
また、目標達成をした時に喜び合える仲間がいるのも大事だと思います。

3点目は、キラキラしていると感じる人の輪に身を置くことです。
これは自分のモチベーションが上がったり、新しい機会を得たり、何かと自分にとってメリットがある場にいれば学びの機会をより多く得るチャンスをつかめるからです。

最後に、あなただからこそ任せたい!と言われるような存在になる事を意識することが大事です。
2回生の時に参加した議員インターンシップの議員さんからいまだに手伝ってと声をかけてもらったり、現在携わっているシェアサイクリング事業、研究所のお手伝いなど全部あなただから…!と言ってもらえるよう意識してきた結果何かしら用事を頼んでもらい、新たな挑戦を提供してもらいました。
そういう風に言ってもらえると嬉しいし、新しいことを始めるいいきっかけになります。